おまとめローン 口コミ 評判

おまとめローン利用者の口コミ・評判について

おまとめローンは複数社から借りているお金を一つにまとめる事によって返済の手間を減らすだけではなく返済総額まで減らせる可能性のあるとっても便利なローンです。

 

さて、このおまとめローンですが本当にすべての借入をまとめれるか、審査に通過するのは中々難しいのではないか、様々な疑問が飛び交うかと思いますが、実際におまとめローンを利用した方の口コミや体験談を聞く事でおまとめローンについてよく分かるかと思います。

 

当サイトではおまとめローンを実際に利用された方の口コミやおまとめローンの評判をご紹介していますので、参考にしてみて下さい。

 

 

30代 男性 会社員

 

アコムとプロミスとモビットから30万円ずつ借入していたのですが返済していくにつれ3度の返済の手間があるのが段々と気になってきたので、おまとめローンを利用してみました。

 

3社合計で90万円の枠をまとめたかったので、金利の低いUFJ銀行のバンクイックというカードローンでおまとめに申込をしてみた所、審査で90万円はまとめれないとの結果が。

 

60万円まではまとめれると言われたので、渋々プロミスとモビットの分をまとめたのですが、簡単にまとめれると思っていたのがまさかの結果で少し残念でした。


 

20代 女性 パート

 

以前2社から借りていたのですが、2社とも金利に不満があったのでおまとめローンで金利の低い所に乗り換えようと思いおまとめローンに申込みました。

 

当時はパート働きだったのでおまとめの審査に通るか不安でしたが、すんなり審査に通ってまとめる事が出来ました。

 

2社から20万づつしか借入してなかったのが審査通過の要因だったのでしょうか?おまとめ後は返済の手間も減らせましたし、金利も大幅に下げる事が出来て返済総額も減った気がします。


 

おまとめローン先を比較してみました。

おまとめローンをするなら出来るだけ低金利の所を選びたいですよね。しかしおまとめローンを提供している消費者金融や銀行カードローンは山ほど存在します。そこで各消費者金融・銀行のおまとめローンの金利を比較して、何処でおまとめすればお得なのか、何処でおまとめすると損なのかという所を分かりやすく説明していきたいと思います。※おまとめローン商品の金利ですので、通常借入の場合と異なる場合があります

 

商品名(消費者金融)

金利(実質年率)

借入限度額

アコム 7.7%〜18.0% 1万〜300万円
プロミス 6.3%〜17.8% 1万〜300万円
アイフル 12.0%〜15.0% 1万〜500万円

品名(銀行カードローン)

金利(実質年率)

借入限度額

バンクイック 4.6%〜14.6% 10〜500万円
楽天銀行カードローン 4.9%〜14.5% 10〜500万円
じぶん銀行 ※1.9%〜12.5% 100〜800万円

※auユーザーのみに適用される借り換えローン専用の金利です。auユーザー以外の方は年率2.4%〜17.5%になります。

 

やはりおまとめローンは金利の低い銀行カードローンで行うのが理想ですが、審査のハードルも高くなってきていますのでまず銀行カードローンに申込みをして審査に落ちてしまった場合は消費者金融に申込みをするという方法もありますね。

 

比較の結果、下記の3社がおまとめローンに適しています。おまとめローンを検討されている方は是非利用してみて下さい。

 

 

おまとめローンとフリーローン

おまとめローンは、複数のローンをまとめて月々の返済負担を軽減出来る融資商品です。

 

銀行のおまとめローン、借換えローンの中には、おまとめ専用の融資商品もありますが、カードローンやフリーローンをおまとめに利用できます、というものもあります。
おまとめ専用のローンは通常、おまとめを取り扱う業者が、申込み者の借入先となる複数の業者に返済を行い、後は利用者がおまとめを取り扱う業者にそのローンの返済額支払うものとなります。

 

なので、このおまとめ専用の融資を利用すると複数の借金の返済負担を1件にする事ができる。
又、それにより金利の負担や借金総額も少なくできる。
更に返済期間も短くできる等のメリットが考えられます。

 

ですが、銀行によっては、おまとめと宣伝しつつも実はカードローンやフリーローンというものもあり、この場合は通常ローンのように利用します。
なので、この場合のローンは、もしかすると複数の借金分の融資が実現する可能性もありますが、複数の借入の中の一部しか融資が実現しない場合もあります。
更に、このローンは、利用限度額の範囲内で何度も利用出来るローンとなるため、更なる借金を増やすことにもなりかねません。
なので、複数の借入に伴う返済の負担を軽減し計画的におまとめローンを利用して借金をなくしたいと考える場合は、おまとめ専用のおまとめローンを利用し、返済負担を軽減し、計画的に短期間の間で借金をなくす事がお勧めです。

 

どうしても今まで借金を抱えている方は、少しの余裕が出来ると「少しぐらいなら‥」と考えてしまう傾向にあります。
そのため、フリーローンのようなものを利用し、複数の借入をまとめる場合、利用限度額に余裕ができると必ずと言っていいほど借入してまた元通りというパターンが多い。

 

ですので、おまとめローンを利用し借金返済を目指す場合は、おまとめ専用で返済専用のおまとめローンが適していると考えますし、おまとめローンは、返済の負担を減らし計画的に借入を完済するものですから、おまとめ専用のローンの利用が適していると思います。

狙い目のおまとめローンは?

おまとめローンは銀行のおまとめローン・信販クレジット会社のおまとめローン・消費者金融会社のおまとめローンに大別できますが、それぞれメリットを持っています。

 

まず、銀行のおまとめローンのメリットは、金利が低くて融資の上限額が大きいことです。

 

また、銀行のおまとめローンは貸金業法の総量規制の対象外ですから、審査は他のおまとめローンよりも厳しいことは事実ですが総量規制で信販クレジット会社や消費者金融会社のおまとめローンが使えない方には頼りになる存在です。

 

更に、第二地銀や新しいネット銀行などでユニークなおまとめローンを取り扱っている銀行も増えていますから、意外に狙い目と言えます。

 

次に、信販クレジット会社のおまとめローンは貸金業法の総量規制の対象ですから、融資総額が年収の1/3を超えている方は利用できません。

 

その他のポイントは銀行のおまとめローンに近く、審査は厳しいですが金利は低く融資の上限金額が大きい業者も多いと言えます。

 

最後に、消費者金融会社のおまとめローンも貸金業法の総量規制の対象となりますが審査が早いことが特長で、最短で30分程度で審査が終了する業者もあります。

 

また、殆どの消費者金融会社のおまとめローンは、即日で審査の結果が出るシステムになっています。

 

 

 

おまとめローンに保証人は必要ですか?

原則としておまとめローンに保証人や担保は必要ありません。

 

只、おまとめローンに保証人や担保は必要ありませんが、保証会社の承認が必要となります。

 

つまり、中小企業が銀行から融資を受ける場合に代表取締役の個人保証が必要ですが、おまとめローンの場合はこの様な個人保証は必要ありません。

 

只、現在のローンシステムでは保証会社の保証を付けることで、貸し倒れのリスクを銀行や信販・クレジット会社や消費者金融会社と保証会社が分担するシステムとなっています。

 

また、消費者金融のアコムなどのおまとめローンの金額や内容によっては、個別に保証人を付けることが融資の条件になる場合も見受けられます。

 

更に、事業用のおまとめローンの場合は無担保の場合もありますが、融資内容によっては保証人や担保が融資の条件になる場合があります。

 

おまとめローンは通常のローンと比べると融資金額が大きく成ることと多重債務者か多重債務者予備軍に融資するとも言えるローンですから、銀行や信販・クレジット会社や消費者金融会社と申込者の掛け引きは非常にシビアになります。

 

つまり、逆に言えばおまとめローンは絶対に失敗できないローンという意味で、申込者にとっては保証人や担保を付けることで、おまとめローンを絶対に完済させるという意気込みを見せることも必要なことです。